2010年12月10日

血管肉腫について(犬)光太郎の経過

2007_0423-0007.JPG
07/04/23 光太郎らしいショット、可愛い(^O^)

あくまでも「光太郎の場合」なのですが
血管肉腫について、感じたこと・気がついたことを自分なりにまとめました。

まず始めに今までの経緯を時間を追って

光太郎にそれらしいデキモノが発見されたのが、2006年頃。
右後ろ足の肉球にイボのようなものを発見。特に何も症状が無いので様子を見ていた所、
2007年7月
数日間でどんどん大きくなり血豆のようになり、出血。
そのほか、体中を触ってみると首や腕、胸にイボのようなものを発見。
足はこの後手術しました。
体のイボのようなもの(血管肉腫の腫瘍)は、この時はまさか腫瘍とは思わず
獣医さんでも「大丈夫でしょう」と様子見になっていました。

2007年9月
胸にあったものが大きくなり、出血。足と同じ状況。
同時に左前足の歩行がおかしいことが頻繁に起き始める、獣医さんで診ても
関節などに異常無し、痛みも無さそうで原因は不明(これも血管肉腫のせいだと後々判明)。

2008年2月
胸や太ももの腫瘍は出血があったりなかったりで過ごしていた所、新たに後頭部にも新しい
腫瘍を発見。
前足(右だったり?左だったり?肩をかばうようだったり不安定)の不調は継続したまま。

2008年4月
胸の腫瘍から出血が止まらず摘出手術。(3か所摘出し、組織を検査して貰う)
獣医さんは良性のものだろう・・・と言っておりましたが、結果は「血管肉腫」。
まさかまさかの悪性腫瘍でした。

その後は体の皮膚や筋肉組織など表面的な部分あちこちに、どんどん腫瘍が出来ました。
何度手術をして、何個の腫瘍を取ったのでしょうか。。。
本当に光太郎はがんばりました。

こうして振り返ると、4年以上もこの憎い腫瘍と闘っていた訳ですね。
posted by はむりん at 13:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 光太郎・病院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172706899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック