2010年11月09日

記録11・07

11・07(日曜日)
午前中に病院へ。
入院室から診察室に連れてこられた光太郎は、昨日と同じくぐったりしたまま。
腕には大きな点滴をぶら下げてました。
飼い主の顔を見たら、一生懸命起き上がってこようとしたので
「そのままでいいよ!」と声を掛けて落ち着かせた。
でも立ち上がる力はないみたい。
貧血で耳も鼻先もいつもピンクの皮膚が真っ白で触ると冷たい。

今日連れて帰れるかと思っていたら、もう1日しっかりと点滴して体力を回復しましょう
との事。
血液検査の結果は、赤血球が少なく酷い貧血状態ではあるものの、血小板は通常の値なので
血が止まらずに流れっぱなしになるような事はないので大丈夫そうとの事。
血液検査で見ると内臓の機能も正常で、内臓は元気らしい。

先生と今後どうするかの話をしたら
先生は手術は注意が必要だし、手術をしても腕の状態はあまりよくならないので
最悪切断しない事にはまた同じような状態になるのであれば、手術はしないほうが・・・
な雰囲気の意見でした。
でもこのままでは血が止まらない、失血死を待つだけの状態になってしまう。
入院中、耳の出血も酷くてエリカラが真っ赤に汚れていたし。
我が家としては「手術をお願いしたい。手術中に万が一があっても仕方ないと思っている」と
気持ちを伝えた。
先生も、それならば・・・と手術をしてくれる事に。
今日も頑張って点滴を受けて、明日体調が良ければ手術しましょうという事になりました。
もしも何かあったら電話が来る。何も無ければ問題なく予定通り終わったと思って、と。


にほんブログ
村 犬ブログ コーギーへ
ぽちっとよろしくお願いします
posted by はむりん at 20:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 光太郎・病院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168850844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック